NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

メンテナンス

スノーボードのワックスの選び方で種類やおすすめを知りたい

2017/02/14

スノーボード、今年からマイボードだし、ホットワックスでバッチリにしたいっていう僕ちゃん。動画サイトとかで塗り方は理解したけど、実際ワックスって何を選べばいいんですかねえ。種類もいろいろとあるみたいだし。ってことで、ホットワックスデビューの僕ちゃんに、ワックスの種類とおすすめを紹介します。

スポンサードリンク

スノーボードのワックスの選び方で種類は? 

スノーボードのワックスって言っても、結構最近ではちゃんとアイロンを使ってホットワックスをする人も増えていますよね。まあ、ホットワックスをすれば、私のギャグや人生のように、滑りが全然違いますからね。

それに、結構動画サイトとかで、ホットワックスのやり方なんかも公開されているから、我々の時代と違っていちいち講習会に行かなくても、一応出来るようになるっていう人も多いみたい。

ですが、悩むのがっていうか、こちらにもよく質問がくるのですが、どんなワックスを使えばいいのでしょうかっていうこと。

ホットワックスをする場合には、いわゆる下地を作るってことで、ベースワックスっていうのがあります。それで下地ができたら、滑りに行く前に塗る滑走ワックスっていうのがあります。

通常趣味でやる人は、この2つでO.K.です。が、レースに出る人とか、検定受けるからとかいう場合は、滑走ワックスの上にフッ素が入ったフッ素ワックスっていうのを塗ったり、スタートでギュイーンってスピードが出るようにってことで、スタートワックスを塗ったりということもあります。

まあ、ホットワックスデビューの僕ちゃんだったら、ベースワックスと滑走ワックスと言われるパラフィンワックスで十分です。ある程度それで滑ってみて、ホットワックスにも慣れてきたら、フッ素入りのも一つぐらい持っていてもいいでしょう。

ですから、まずショップに行って買うとすると、ベースワックス。これは滑りに行く前に塗るもの。メーカーにのもよりますが、だいたい5回から10回ぐらい塗ることになっています。

それができたら、滑走ワックスですが、これもパラフィンのものを雪温ごとに-5度~10度、-10度~0度、-20度~-10度用って分かれているので、滑りに行くゲレンデや時期に合わせて塗ってください。

あと、特にベースワックスを塗らなくても、滑走ワックスのパラフィンワックスでベース作りをするというやり方もあります。-5度~10度、-10度~0度、-20度~-10度用をそれぞれ10回ずつぐらい塗れば出来上がり。

これは雪温度が高いものから塗っていくっていうのがやり方です。上の3種類だと、最初に-5度~10度用を塗って、次に-10度~0度用、最後に-20度~-10度用ってカンジです。

これでもベース作りというか下地作りになるので、わざわざベースワックスを買わなくていいっていうことなんですね。で、トータル30回が終われば、滑りに行くゲレンデや季節に合わせて、もう一度-10度~0度用なのか、-5度~10度用なのかを塗るってことになります。

っていってもねえ。簡単に10回ずつとかいうけど、これって結構大変ですよね。前回の記事でも書いたけど、塗るのは簡単だけど、剥いだりブラッシングするのがねえ。

それに、塗ってすぐ剥ぐていうわけにもいかないから、一晩置くでしょ。そうすると、塗るのに1日、剥ぐのに1日ってことで、1回塗るのに2日かかるんです。ということは、週休2日としても10回ぬるのに20週かかるってことで、9月頃から始めないと間に合いませんよね。

確かに私もその方式をやっていたときは、9月になると塗り始めていました。といっても、9月って東京とかだとまだ暑いですからねえ。ホント一晩置かないと固まらないんです。

で、11月の終わり頃にやっと完成ってことで、なんか修行みたいでしたねえ。知人で未だに「これはシーズン前の儀式だから」とか言ってるアンポンタンもいますが、まあ結構大変ってことで、取り敢えず挑戦してみてください。

スノーボードのワックスの選び方でメーカーは?

ホットワックスってそんなに大変だったのかあ。って思った人もいるでしょうが、まあ上に書いたのは一部のオタクというかオタンコナスのやることですからね。

普通の人は、ベースワックスを塗るので、そこまで大変ではありません。っていっても、やはりベースワックスも5~10回は塗らないといけないので、10月後半になるとみなさん下地つくりを始めるみたいです。

じゃあ、どこのメーカーがいいの?ってことですが、これはもうどこでもあんまり変わりませんから、お好きなところでどうぞっていうカンジです。

ショップで勧められたからとか、友達が使っていてなんかよく滑るみたいとか、あこがれのライダーとおんなじのとか。そんなのでいいと思います。

代表的なものを挙げると、今日本ではガリウムが人気じゃないですかねえ。使っているライダーも多いし。私の2人目の師匠もガリウムだから、まず間違いないと思います。

マツモトワックスっていうのも、一世を風靡しましたよね。某ドラッグストアと見間違うようなデザインっていうのも衝撃的でした。デモなんかで使っている人も多かったですね。

あと、最近はフリースタイラーを中心にカシワックスっていうのも、人気。塗るのが簡単ってことで、その辺りが人気の秘密みたい。その他、スキーからの転向者とかだと、TOKOとかホルメンコールとか、そのあたりも根強い支持があります。

取り敢えず、入手しやいすいもの、扱い易いものでスタートするのがいいと思います。そういう意味では、やはり行きつけのショップに置いてあったり、友達が使っているものですかねえ。


スポンサードリンク

スノーボードのワックスの選び方でおすすめ?

そんなお前な何を使っているのかって聞かれるとねえ。ドミネーターですな。ドミネーターってアメリカのワックスで、スキーでも使っている人が多いから、名前は聞いたことがあるっていう人もいるんじゃないですかねえ。ターミネーターではありません。失礼、失礼。単にネーターしか一緒じゃなかったですね。

ただ、種類が多くて、雪温とか新雪か古い雪かによって使い分けないといけないから、面倒なんだよね。っていう人もいるみたい。

ですが、それは過去の話。今はワックスが雪温に合わせて勝手に結晶が刺さらないようにするっていうサーモアクティブシステムっていうのを開発したんですね。

サーモアクティブシステムっていうのは、ワックス自体が雪の状況変化を雪温で判断し、ワックスの硬度を変化させる特質機能を持っているため、雪温を計測したり、雪温に応じて使用するワックスを変える必要がないんです。

ですから、よく上級者が「あちゃー、今日は寒いと思って低めのワックスにしたけど、カンカン照りで、午後からは雪が緩んできたせいか、全然滑らない」とかいうのを聞いたことがあると思いますが、そういう失敗がないんです。

ということは、どこのゲレンデに行くにもそれ1つでO.K.ですから、何回も何種類も塗るのはヤダっていう、わがまま僕ちゃんとか、そんなに塗ると身体がヘロヘロですわ。っていう私のようなヨレヨレ中年御用達っていう訳なんですね。

もちろん、ベースワックスも3回塗れば、通常のベースワックス10回以上塗ったのとおんなじ効果ってことで、これまた楽ちんワックスです。

そうそう、その楽ちんワックスは、ドミネーターの中でも『ZOOM』っていうシリーズですから、お間違いのないようにね。特に静電気防止のグラファイト入りの『ZOOMグラファイト』はおすすめです。私のギャグなんか話にならないぐらい滑りますから。
【WAX・チューンナップ用品】【固形ワックス】DOMINATOR・ドミネーターワックス ZOOM 400g【ワックス】

あと、ベースワックスは「RENEW」になります。3回でO.K.です。これにもグラファイト入りがあるので、ソールが黒いボードだと、グラファイト入りをおすすめします。
DOMINATOR(ドミネーター)RENEW SERIESBASE WAXRENEW PURPLE(リニューパープル)400gスノーボード・スキー兼用

これで、私のギャグや人生同様、ウッシッシな滑りになるので、何回も塗るのが嫌な人は、ぜひお試しください。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、そもそもドミネーターを使い始めたのは、師事しているライダーが使っているからってことだったんですけどねえ。いつの間にか、こんな便利なものが出来たので、楽ちんになっています。では、健康のため、滑り過ぎに注意しましょう。

関連記事
初心者簡単ワックスのやり方は?
ホットワックスの道具や準備は?
ホットワックスのやり方剥がし方ブラッシングは?
ワックスのはぎ方ブラッシングは?

スポンサードリンク

-メンテナンス
-,