NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

アクセス

スタッドレスタイヤの選び方おすすめや時期とショップはどこで?

2017/02/14

女子はスノボに行くっていっても、バスのツアーだったり彼氏の車だったりするけど、僕ちゃんは彼女乗せていかないといけないし。。っていう、今回初めてスタッドレスタイヤを買おうというスタッドレスデビューの方に、お勧めのメーカーとか、いつごろ買うのがいいのかとか、ショップはどこがいいのかなどをお伝えします。

スポンサードリンク

スタッドレスタイヤの選び方で時期は?

スノボに行くにはスタッドレスタイヤですよね。チェーンって言う手もあるけど、地元民じゃない限り、とりあえず高速に乗るじゃないですか。

ですから、チェーンだと30キロぐらいまでしか出せないから、いい迷惑、それにどこで付けるかっていうのも難しいですよね。

まあ、シーズン中2~3回しか滑りに行かないってことなら、チェーンっていっても、最近のゴム製の奴だと50キロぐらいまで出せるから、それでもいいですけどね。

スノボオタクっていうか、毎週のように滑りに行ってる人、これからそうなる人だとスタッドレスでしょうね。

そんなことは分かってるけど、今回初めてだから、どうやって選べばいいか分からないっていうことで、こんなサイトを見ている訳ですよね。

って言っても、特に難しいことはなくて、ディーラーで買った車だと、ディーラーに持って行けば、その車にあったスタッドレスを付けてくれます。

中古車の場合だと、カーショップですかね。そこでこの車に合うタイヤをって言えば、これまた「じゃあこちらなんかどうでしょうか」ってことで、見繕ってくれるから、それでバッチリです。

えっ?でも、サイズがどうとかあるじゃないかって?確かにありますよね。タイヤのサイズ、タイヤの横に185/65R15とか書いてある奴。これをメモっていって、おなじものを買えばいいんです。

ちなみに、この185/65R15っていうのの185はタイヤの幅、185ミリ18.5センチって言う訳ですな。

65はへん平率。これが小さいほど薄いタイヤ。スポーツカーとかは40とかフェラーリとかは35とかです。普通の乗用車は65か60ぐらいかな。以前は60っていうとスポーツカーでしたけど、最近はセダンとかでも60が多いですね。

R15はタイヤの径、15インチってことで、大型車になると17Rとか18Rとかになってきます。軽自動車だと13Rとかですかね。

まあ、その辺は別に記事にしますので、とにかくこのタイヤサイズをメモして、同じサイズのスタッドレスを買えばいいって訳ですな。えっ?サイズダウンとかどうよ。ってそんなこという人は、私より詳しいでしょう。

っていうか、確かに10年、いやもう15年ぐらいかな。以上前だと、スタッドレスにする場合は、インチダウンして幅も細くした方がいいっていう話もありましたが、最近はそうことはありませんので、同じものを付けてくださいね。

ということで、後はお店に行って気に入ったものを選べば完了です。えっ?じゃあ、あんまり早く付け替えてもまだ滑りに行かないから、11月下旬ごろでいいかなあって?

確かにタイヤを交換するのは11月に入ってからでいいんですけど、購入は9月中か遅くても10月にはしてないと、結構買いたいモデルが売り切れってことがあります。

スタッドレスタイヤって、夏タイヤもそうですけど、作った段階から劣化がはじまるので、売れ残りを出したくないんですね。

まあ、物好きな人が1年落ちのタイヤが安くなるからってことで、それを狙う人もいますが、通常翌年になると劣化が進むってことで、売れなくなるです。

ですから、売れ残りを出したくないメーカーは、前年までの統計から製造数を計算して、それでも年内には売り切るように調整しています。

ってことは、一番よく出回っているサイズだと、人気のメーカーのモデルは10月中に売り切れるってこともあります。

ショップの方も売れ残りを出したくないから、早めに予約してくれた方が値引きを大きくしたりしますからね。

ですから、9月中にはとりあえずショップに行ってみて、自分の車に合うサイズを探してみてください。

もちろんメーカーとかが決めきれない場合は即決する必要はありませんが、少なくとも10月上旬までには予約なり入金なりをして、抑えておかないと、11月に行ってみたら、そのサイズは売り切れですってことになりますからね。

スタッドレスタイヤの選び方でおすすめは?

そんなこと言っても、まだよくわからないし、メーカーもたくさんあるし、そもそも値段も違うしってことで、どこのメーカーを選べばいいか分かりませんよね。

お金に糸目は付けないっていうか、多少の差なら(サイズによっては多少ではありませんが)、ちゃんと止まるタイヤにしたいっていうことなら、迷わずブリジストンをお勧めします。

が、やっぱりブリジストンって高いです。でも、滑って衝突したらもっと高いし、下手すると命にも係わりますからね。ですから、できればスタッドレスはそれぐらいするってことで、ブリジストンをお勧めします。

そうは言っても、昔と違って、今はどこのメーカーも変わらないしって聞いたけどっていう人は、それでいいじゃないですか。っていうと、元も子もありませんでした。

確かにどこも差はなくなってきました。が、それは1年目の話。2年目からグンと差が出ます。特にブリジストンとそれ以外は、滑るかどうか、制動距離がどれぐらい違うかっていうところが変わってきます。

ただし、ブリジストンはその分ヘリが早いです。ですから、どの程度走るかによりますが、結構すぐに溝がなくなって、2年で買い換えるってこともあるかも。

そういう意味では、YOKOHAMAが経済的。2年目以降はブリジストンには及びませんが、最近はほぼ近い性能ですし、減り方はブリジストンに比べて遅いです。ですので、結構長距離のスキー場に毎週滑りに行くってことなら、YOKOHAMAも悪くないと思います。

後のタイヤは、2年目以降結構怖い思いをするので、寒いけどそんなに雪は降らないというゲレンデとか、高速降りてすぐのゲレンとかしか行かないってことなら、経済的でいいんじゃないですかねえ。


スポンサードリンク

スタッドレスタイヤの選び方ショップはどこで?

ところで、スタッドレスタイヤってどこで買えばいいの?ってことを良く聞かれます。安く買おうと思うといろいろと手立てがありますが、最近はどこもあんまり差がないので、近くのショップでいいと思いますよ。

勿論ディーラーだと、タイヤの値段が高いっていうのがありますが、その分工賃をサービスしてくれたりするし、量販店のカーショップだと、タイヤ自体は安いけど、工賃が高いっていうのもあります。

ネットで安いのを探してっていう人もいるけど、結構送料がバカにならないとか、持ち込みで交換してくれるところが少ないとかで、結局一緒になってしまったりします。

まあ、その辺は別記事にしますが、そんなに大きな差はないので、近くで便利なショップでいいんじゃないかっていうのが、私の意見ですけどね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、スタッドレスタイヤ、私の様に寒冷地に住んでいると、また選ぶ基準も変わってきますが、週末に滑りに行くっていうだけなら、相当雪深いところに行かない限り、スキー場は除雪してあるので、あまり神経質にならなくてもいいかもしれませんね。では、良いスタッドレスを。

関連記事
スタッドレスタイヤを安く買うには?
スタッドレスタイヤのメーカー比較は?
スタッドレスタイヤの交換方法と工具について
スタッドレスタイヤを交換した後の保管は?

スポンサードリンク

-アクセス
-