NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ギア

スノーボードのアルペンは初心者でも乗れるのか難しいのか?

2017/02/14

スノーボードにもアルペンボードってありますよね。ソチ五輪で竹内智香選手が銀メダルを取ってから、急激に脚光を浴びましたけど。でも、周りでやってる人いないし、初心者でも乗れるんでしょうか。初心者がいきなりアルペンボードは難しいっていう話もあるし。その辺りをお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードのアルペンは初心者でも乗れるか?

スノーボードって、やったことない人から見ると、飛んだり跳ねたり、回転したりっていうイメージみたいですね。それに若い人のスポーツって言うカンジ。

もちろんそれは間違いじゃないんですけど、別に飛んだり跳ねたりしなくても、普通にゲレンデを滑る人もたくさんいます。

が、それでもほとんどの人はフリースタイルという前後とも丸くなっている板で、ブーツもスノボブーツと言われているゴワゴワのものを紐で編み上げるっていうイメージですよね。

が、スノーボードにもアルペン(アルパイン)ボードっていうのがあります。おもにレース用で、先端はとんがっていますが、後ろは四角っぽいもの。

ブーツもスキーブーツみたいなプラスチックで出来たハードブーツっていうもので、バックルも金属でパチンパチンと止めるんですよね。

っていっても、そんなの見た事ないですよね。まあ、スノボ人口の1割ぐらいしかやってないマニアックなものですからね。

ですから、今まで見向きもされませんでした。が、ソチ五輪で竹内智香選手が銀メダルを取ったもんだから、それからやってみたいっていう人も増えているみたい。

とは言っても、1割しかやっていなオタクな分野ですからねえ。レンタルもないし、やっぱり道具一式買うしかないんですかねえ。

ということで、スノボやっている友達に「アルペンやりたいんだけど」って聞いてみたら、「いやー、アルペンは難しいよ、いきなりだと無理だから、やめといた方がいいんじゃないの」って言われたとかいう話を聞きます。

やっぱりスノーボードのアルペンって初心者だと乗れないんですかねえ。初心者はフリースタイルからの方がいいんでしょうかっていう質問をもらいました。

結論からいうと、初心者でも全く問題ありません。アルペンをやってみたいってことなら、ぜひアルペンボードからスノーボードをやってみてはいかがでしょうか。

難しいとか初心者は無理っていわれているのは、フリースタイルに比べて板が固いって言うことと、ブーツも固いってことで、なんか勝手が良く分からないってことを言っているみたいですね。

確かに、同じ人が二人いて、アルペンボードとフリースタイルボード、同じに日はじめました。チキオ君1号はアルペン、チキオ君2号はフリースタイルってことで、滑るゲレンデも一緒、滑る時間も同じってことなら、フリースタイルの方が連続ターンが出来るようになるまでの時間は早いかもしれません。

っていうのは、フリースタイルの方がブーツも柔らかいし、板も柔らかいから、多少ルーズな操作でもなんとかターンが出来るようになるのは早いでしょう。そうすると、連続ターンまでの時間も早いかもしれません。

が、スノボをやったことのない人だと、そもそも両足固定された段階で、なんじゃこりゃってことになりますよね。ですから、多少時間のかかり具合は違っても、アルペンだから全く滑れないってことはありません。

差があると言っても毎日滑ったとして、1ヶ月も2ヶ月も違うっていうことはありませんから、まあ最初の1週間ぐらいですかね。そのぐらいの差です。

ですから、スノボやったことないけど、やりたくなった。竹内智香選手みたいにアルペンをやってみたい。って思っている人なら、ぜひアルペンボードからはじめてみていいと思いますよ。

スノーボードのアルペンは初心者には難しい?

じゃあなんでそんだけ「アルペンは難しい」っていうことがスノボをやっている人の中での常識になっているのかってことですよね。

これは上にも書いたように、日本のスノーボードをやっている人の中で、アルペンをやってる人は約1割って言われています。統計によるとそれ以下とも言う話もあります。

ってことは、10人に1人いるかどうか。ですから、そもそもアルペンボードで滑ったことのある人が少ないんですね。

そうすると、誰かから聞いた話で、アルペンボードはフリースタイルに比べてブーツも硬いし、板も固い。全然足も曲がらないから、ターンしようと思ってもできなかった。とか言う話ばかりが一人歩きするんですよね。

確かにフリースタイルからアルペンに転向したばかりだと、リフトから降りるのさえ一苦労ですからね。何じゃこりゃーってカンジ。

特にフリースタイルである程度滑れるようになっていると、スキーからスノボに転向したときぐらいの衝撃です。

ってことで、アルペンは難しいし初心者には無理っていう話がスノボフリークの常識となっているという訳なんです。

それに、これまた比率の問題ですが、フリースタイルが9割ってことは、イントラの人もずっとフリースタイルしか乗ったことがないって人も結構います。

イントラ資格取ってからアルペンを乗り始めたという人もいるので、すぐにアルペンでびゅんびゅん滑ってレッスンって言う訳にもいかないじゃないですか。

それを見ていた人とかが、イントラでも苦労しているんだから、初心者には無理無理って言ってるってことなんです。

というのも、上に書いたようにアルペンのハードブーツってスキーブーツと似ていますよね。同じプラスチック出来ているし。

と言っても、スキーブーツに比べると、スノーボードのハードブーツって柔らかいんです。スキーは縦方向っていうか前後しか動きがないけど、スノーボードは斜め乗りだからそれに左右方向の動きも加わるってことで、硬いように見えてもスキーブーツよりもやわらかい。

ってことで、スキーからの転向者だと結構アルペンボードの方がしっくりきたっていう人もいます。

私のスノボ師匠は、二人ともいきなりアルペンボードです。一人は元々スキーヤーだったからまあ分かるんですけど、もう一人は最初はサーファー。冬にスノボやってみろって言われて乗ったのがアルペンボードだったってことで、スタートはアルペンです。

まあ、そんなプロとかデモとかと一緒にされてもって言い出す人もいるかと思って、普通のっていうか、特にイントラとかじゃなくても、やはり周りには2人ほどアルペンボードからスタートした人がいます。

問題なく上達して、一人はすぐレースとかでるようになりました。確かスノボ始めたのは40過ぎてからじゃないかな。

そんな訳で、全く初心者がアルペンボードからスタートするっていうのは、全く問題ありませんってことをよく覚えておいてくださいね。


スポンサードリンク

スノーボードのアルペンを初心者がやりたい場合は?

そうは言っても、周りにアルペンやってる人いないし、ショップにも置いてないしっていう場合が多いですよね。

そういう場合は、まずショップ選びからかな。アルペンボードを扱っているショップって、ある意味オタクオーナーとか、オタク店長だから、手取り足取り板の選び方からブーツの選び方履き方から教えてくれます。

だって、1割しかやらないもの置いておいても全然儲からないですからね。ある意味道楽、赤字覚悟ってカンジ。

まあ、大半はライダーを抱えたりしているんですけどね。でも、初心者にもちゃんと教えてくれるし、むしろアルペンを普及させたいと思っているから、最初は無愛想でも丁寧に教えてくれますよ。

その辺りまた別記事にしますが、通える範囲でアルペンボードを扱っているショップ選びからがスタートです。

あとは、前に書いたようにAOSDといって、アルペンをやってみたい人に対して、板、ブーツ、バイン一式を貸してくれて、プロやデモによるレッスンがあるイベントもあるので、ぜひ参加してみてくださいね。

そこで、近くのショップとかスクールとかも紹介してもらえるかもしれないので、是非チェックしてみてください。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、一昔前に比べて、アルペンボードが試乗できるスクールとかも常設でやっているところが増えてきているので、ハードルは低くなってきている思います。ぜひアルペンボードで、ギュインギュイン言わせてやってください。では、良いアルペンを。

関連記事
スノーボードの選び方初心者の場合
アルペンボードの選び方初心者の場合
フリースタイルからアルペンへの転向での試乗は?
アルペンボードの選び方のチェックポイントは?
アルペンボードの無料体験レッスンって?
初心者のソフトブーツの選び方は?
スノーボードのハードブーツの選び方は?
スノーボードのおすすめのブランドは?
スノーボードヘルメットの選び方とお勧めメーカーは?

スポンサードリンク

-ギア
-,