NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ギア

スノーボードのゴーグルの色や偏光レンズとおすすめブランドは?

2017/02/14

スノーボードのゴーグル、レンズの色ってどういう基準で選べばいんですかねえ。晴れの日と曇りの日ではレンズは変えた方がいいんでしょうか。オールラウンドのものとか知りたいし。何やら偏光レンズっていうのもあるみたい。おすすめのブランドとかってどこですかねえ。ってあなたにお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードのゴーグルの色ってどう選ぶ?

スノーボードのゴーグルって言っても、レンズの色っていろいろありますよね。オレンジ系が多いのかな。女性だとピンクがカワイイっていう人もいるし。

ミラーレンズだと、ちょっと上級者っぽく見えたりしますよね。えっ?単に恥ずかしがり屋だから顔の表情を知られたくないって?そういう人もいるかも。

っていうか、レンズの色ってそれで見え方が変わるんですよね。ですから、人によっては、晴れの日と曇りっていうか吹雪いている日では、レンズを使い分けたり、上級者になると2つ持っていて、天候によって午前と午後で掛け替えたりします。

もちろん、ナイターになるとそれ用っていうか、暗くなっても見えるレンズにしておかないと、前が全然見えませんってことになりますからね。

じゃあそのレンズの色、どういう特性っていうか、どの色はどんなときに向いているのかっていうのを紹介しますね。

まずは、一番よく見かけるのがオレンジのレンズじゃないでしょうか。っていうのも、オレンジ系のレンズは、晴天時の太陽光の強さを抑え、曇天時にもきれいな視界が確保できますし、暗くなってからもそれなりに見ることができます。

ってことで、取り敢えずオレンジのレンズだと、それ1コあれば昼でも夜でも、晴れてても曇っていても、はたまた吹雪いていても使えるってことで、最初に買うのならオレンジが良いでしょう。

でも、ピンクのレンズもカワイイし、結構女子でつけている人多いんだけどって言う人もいるかもしれません。ピンク系のレンズもはもオレンジ同様、オールマイティな色だから、もちろんピンクでもO.K.です。

オレンジとの違いっていうと、ピンクのほうが一段階暗いところでも対応できるようになっていて、曇天時やナイターで見やすくなっています。その分、快晴時はオレンジよりも少しだけ眩しく感じると言われています。滑りに行く地域で、晴れが少ないところだとピンクの方がいいかも。

オレンジに似たカンジのものでイエローっていうのがあるけど、やっぱりオレンジとは違うの?って思う人もいることでしょう。

違うんです。っていうと元も子もありませんね。イエロー系は、 オレンジ、ピンクに比べて、悪天候やナイターで強みがあります。ですので、これまた晴天率が低いゲレンデや、夕方とかナイターで滑ることが多い人はイエローがいいでしょう。

ということは、当然快晴時にはやや眩しく感じます。ピンクよりも一段階、暗めに強い色です。オレンジに比べると2段階ってことですが。そしてコントラストが強く見えるので、雪面の凹凸が見やすく、曇天や荒天でも比較的滑りやすいと言われています。

暖色系に比べてブルー系ってなんか上級者で結構付けていて、ギュイーンって滑っている人が居ますよね。私も憧れていました。

ブルー系レンズは、晴天に強いレンズ色です。コントラストが高くなり、凹凸もはっきり見えるようになります。その分、夕暮れ時やナイターでは見えづらくなります。晴天率が低いゲレンデや、ナイターで滑る方は止めた方がいいでしょう。見えませんから。

そしてブルー系よりもさらにカッコイイっていうか上級者っぽいのがミラー系。 ミラー系レンズの特徴は、光を反射してしまうレンズなので、目に入ってくる光は限られます。ということは、快晴時にはとても見やすいのですが、ナイターではかなり見づらいです。基本的には晴天向きのレンズです。

ただし、最近はミラー系でも段階がいろいろとあって、結構曇天や夜間にも強いレンズもも出てきています。その分当然晴天のときは眩しいですけどね。ですから、その辺は使い分けが必要です。

以上、ざっとレンズの色について説明しました。ってことは、初めて買うゴーグルならば、オレンジかピンクのレンズってことになりますね。2つ目以降、天候のよって掛け替えるってことなら、ブルー系とか人気のミラー系もありです。その辺は、ゲレンデに行って、他の人もレンズを参考にしてみてください。

ちなみに、高価なゴーグルだと、枠とレンズを別々に組み合わせることもできます。枠はこれがいいんだけど、レンズだけ変えてくださいっていうのもアリなので、そこはショップの人に相談してみてくださいね。

スノーボードのゴーグルの偏光レンズって?

ところで、スノーボードのゴーグル、何やら偏光レンズっていうのがあるみたい。偏光ってことは、光が偏るってことで、眩しくないんですかねえ。やっぱりそっちの方が見やすいんだろうかっていう質問をよく受けます。

そもそも偏光ってなあに?ってことですが、偏光っていうのは、雪面に反射した光のことなんですね。それがどうしたすっとこどっこいってことですが、雪山では偏光が乱反射して、雪面が見づらくなります。偏光レンズは、こうした光のうち、ある方向の光のみをゴーグルに取り込み、不要な光をカットしてくれるという特徴があるんです。

ってことは、そうなんです、山本さん。偏光レンズを付けると、乱反射がなくなるから、雪面の凹凸などの状態が見やすくなります。特にバーンが荒れてきた時なんかもでもその対応がし易いってことで、上級者は偏光レンズをつけている事が多いみたいですね。

まあ、だいたい1万円を超えるゴーグルは偏光レンズが多いので、その辺はあまりこだわらなくてもいいんですが、たまたま買ったゴーグルが偏光レンズだったってことだと、次からも偏光レンズじゃないと見にくいかもしれません。

ちなみに、偏光レンズにしたからといっても、人生の凸凹は見えませんので悪しからず。

ついでにゴーグルのレンズの話をしておきますかね。ゴーグルにはレンズが1枚のシングルレンズというのと、2枚になっているダブルレンズというのがあります。

水中メガネとかでも2枚の複眼と1枚の単眼とありますよね。って、ちょっと違うんですけど、2枚ガラスがあるとその間に空気があるから、曇りにくいですよね。ということで、その分値段も高くなります。

が、ゴーグルが曇ると前が見えないから、やってらえまへんよねえ。ですから、ちょっと値は張りますが、シーズン中何度も滑りに行くような人なら、ダブルレンズをおすすめします。

まあ、シーズン中1回か2回、それもアフターがメインって言う人ならシングルレンズで2000~3000円のものでもいいですけどね。ダブルレンズになると、セールで型落ちでも5000円はするので、そこはそういうものだと認識してください。

もう一つついでに書いておくと、レンズの形状として球面レンズっていうのがあります。球面レンズとは、その名の通り、レンズが立体的に丸い形をしているものです。コレに対して、レンズが平面のものが平面レンズって言います。

球面レンズの特徴は、フレームよりもレンズが高い位置にあり、レンズ内の容積が広くなるので曇りにくいんですね。ですから、ダブルレンズで球面レンズだと、もっとも曇りにくいってことになります。

が、ダブルレンズとシングルレンズほどの違いはないので、まあ気休めっていうぐらいに考えてもらってもいいでしょう。
たまたま気に入ったゴーグルが球面レンズだったら、ラッキーっていうぐらいでね。


スポンサードリンク

ズノーボードのゴーグルのおすすめブランドは?

ということですが、じゃあどっかおすすめブランドを教えてくださいって言われてもねえ。まあ、最近はどこでもしっかりしたものを作っているから、実際につけてみて気に入ったものでいいんじゃないですかねえ。

そうは言っても、スキーの時代から作っているメーカーは信頼性が高いですよね。スミスとかオークリーとかですかねえ。スワンズもかな。

スノーボード、特にフリースタイラーの方だと、スキーで使っているメーカーはダサいってことで、ドラゴンとかダイスとかがいいみたい。天狗なんかも一時人気だったけど、今はどうですかねえ。

それからヘルメットをかぶる場合は、基本的にスミスが一番マッチすると言われています。そうは言っても、憧れのライダーがオークリーだからって言う人は、オークリーでいいんじゃないですかねえ。

もちろん、私も憧れのライダーというか師匠がスミスだから、ずっとスミスですけどね。メーカーよりも構造とレンズの色にこだわってくださいね。
SMITH/スミス メンズ スノーボード ゴーグル Vice スノーゴーグル スキーゴーグル スノボ ダブルレンズ バイス 男性用 人気 ブランド


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、ゴーグルって意外と気にしない人もいますが、一番は曇らないこと。もちろん、曇り止めを塗ればいいっていう人もいるけど、そういうのを塗らなくても曇らないのが一番ですからね。では、良いゴーグルを。

関連記事
スノーボードの選び方初心者の場合
アルペンボードの選び方初心者の場合
フリースタイルからアルペンへの転向での試乗は?
アルペンボードの選び方のチェックポイントは?
アルペンボードの無料体験レッスンって?
初心者のソフトブーツの選び方は?
スノーボードのハードブーツの選び方は?
アルペンボードは初心者でも乗れるのか?

スポンサードリンク

-ギア
-,