NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ギア

スノーボードブーツ初心者の選び方や硬さとインソールについて

2017/02/14

スノーボードのブーツって、初心者の場合、どういうところに気を付けて選べばいいんでしょうか。硬さとか形状とか、インソールも必要なのかな?その辺りをお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードブーツ初心者の選び方

スノボ初心者がギアを選ぶ場合って、まず板からっていう人が多いですよね。イカにも速そうなのとか、デザインがカワイイのとか、もちろんそういうのも大切なんですけど、まずは自分にあっているかどうかが重要。

そして、一番重要なのはブーツなんです。プロやデモに聞いてもみなさんそう言いますが、身体に一番近いところから順番に選んで行くのが基本。

ってことで、まずはブーツ、そしてバインディング、板は最後でいいんですね。ブーツがしっくりきていれば、レンタルボードでもちゃんと滑れますからね。

それに、長時間履いているモノだから、足の合ってないと痛くなったりして、滑るどころじゃないですしね。

ってことで、初心者がブーツを選ぶときのポイントをお伝えします。そうそう、初心者ってことで、今回はまずはソフトブーツからです。アルペン用のハードブーツについては次回たっぷりと時間をとって書きますからね。

で、フリースタイル用のソフトブーツっていっても、っていうかソフトブーツだからこそいろんな種類があります。メーカーもたくさんありますしね。

やっぱりバートンがいいよね。とか、バートンはみんな履きたがるから、サロモンにしようかとか、履いてみたいブーツメーカーがあると思います。

が、これまたしょうがないんですけど、バートンにしろサロモンにしろ、もともとは海外のメーカーですよね。

ですから、外国人というかアメリカとかその国の人達の足に合わせて作ってあるんです。まあ、ジャパンモデルとか出しているところもありますが。

ってことで、実際に履いてみないと自分の足に合うかどうか分からないんですね。基本的に海外のメーカーって、足が細いんです。そして長い。

それに比べて日本人の多くは足の幅があって甲が高い人が多い。ってことで、このメーカーのブーツを履きたいと思っても、合ってないと痛くなったり、ブーツの中で足が浮いてきたりするので、とにかく履きまくってください。

と言っても、どの点に注意すればいいのでしょうかってことですよね。まずは、柔らかさです。硬さと言ってもいいけど。

基本的に、初心者は柔らかいモノを選びましょう。アウターっていうんですけど、外側ですよね。これが固いのから柔らかいのまであります。

ある程度滑れるようになると、硬い方がいいという人も増えてきますし、まあそれは滑り方で、フリーライディングとかゲレンデクルージングなら、ある程度硬い方が板に力が伝わりやすいです。

フリースタイルでもレースに出たり、キレキレのカービングをしたいってことなら、硬いものを選ぶ人が多いですね。

が、キッカーやBOX、トリックなんかをメインでする人は柔らかい方が、足首が自由に動くってことで、柔らかいものを履いている人が多いです。

で、初心者は足首の使い方がまだよくわからないので、柔らかい方が操作しやすいです。硬いモノだと、どうやって板に力を加えればいいのかが中々分からなくて、ターンもままならないってことになりますからね。まずは、アウターは柔らかいものを選びましょう。

その次は、実際には履いてみるんですが、まず足の大きさを測ってもらってください。ちゃんとしたショップには、必ず足の大きさを測る道具があるので、それで測りましょう。

というのも、普段履いている通勤や運動靴とは違って、ピッタリのものを選ばないと、足が痛くなったり、逆に靴の中でズレてくるから、上級者でも毎回買い換えるたびに測るぐらいです。

靴下はできれば、実際に滑ると同じものがいいですが、測るときはそれほど気にしなくても大丈夫です。

測ってみると、だいたい左右で長さが違うんですよね。っていっても、0.5センチ以内でしょうけど。で、大きい方に合わせた方が足が痛くなくて済みます。

が、小さい方足はその分ズレる可能性があるので、そこはインソールで調整するというのが通常です。足の計測が終わったら、その足に合った大きさのブーツをかたっぱしから履いてみるってことになります。

そのときは、まずかかとをピタッと合わせるために、とんとんとかかとの方向でブーツを叩いて、かかとにブーツを合わせます。

で、ひもを全部しっかりしめてください。そのまま立つとちょっと指先がブーツに当たるカンジ位ちょうどピッタリです。

立った状態で指先に余裕があると大きすぎます。そのまま基本姿勢というか、ちょっとしゃがんだっていうか中腰になってみてください。

その状態で指先が当たってなければピッタリです。逆にその姿勢でもまだ指先がブーツのさきっぽに当たっていると小さすぎるということになります。

そして、ひもはしっかり、これ以上締められないっていうところまで締めてください。その時に、足の甲とかどこか痛くないかもチェックです。

意外と海外のものは細目にできているので、締めすぎると脚の甲というか、指の付け根からくるぶしの間がしびれてくることがあります。それは足に合ってないので、残念ながら違うものにする必要があります。

というのも、しっかり締めないと、足首が浮いてしまうんですね。そうするとターンのときに上手く板に力が伝わらなくなるので、ターンが中々できないってことになります。

多少の浮きなら、浮き防止グッズっていうのもあるので、それを付けてもいいんですが、基本はしっかり締めた段階で足首が浮かない、そして足がしびれないというものを選ぶということです。

スノーボードブーツ初心者は紐?

まあ、上に書いたようなことは、一応知っておいて、実際にはちゃんとした専門のショップに行けば、係の人が全部説明してくれます。量販店だとダメですけどね。

専門店は高いっていうイメージがありますが、専門店だと一人一人に合ったものを選んでくれるし、そもそも儲けよりもスノーボードが好きなオタンコナス(失礼)、スノボ依存症(一緒か?)の人ばかりだから、これぐらいの予算しかないって言えば、型落ちとかも出してきてくれます。ですので、ブーツだけは専門店で買う様にしましょう。

で、もう一つのチェックポイントは、ソフトブーツには、紐で締めるものと、BOAタイプといって、元々ブーツについているワイヤーで締めるものがあるんですね。

で、そのBOAタイプ、ワイヤーをビューと引っ張って、最後にダイヤルみたいなのを回せばブーツが締め付けられるので、結構人気です。

特に女性なんかで力が弱いっていう人には、紐だと中々締めるのに時間がかかるからってことで、BOAにする人もいるみたい。

ですが、最初は紐タイプにしましょう。というのは、BOAタイプだとどこも均一に締まるから、もうちょっと足首の部分だけ締めたいとか、足先はちょっと緩めたいって言う調整が難しいんです。

で、その辺りがしっくりこないと、ブーツの中で足がずれたり、逆に痛くなったりして滑るどころではなくなるので、最初は自分で調整できる紐タイプにしましょう。

その次に買い換えるときに、どうしてもBOAタイプがほしいってことなら、履いてみてその微妙な調整が効くかどうかも分かりますからね。


スポンサードリンク

スノーボードブーツ初心者のインナーは?

そして、もう一つのチェックポイントとしてインナーあります。実際に足にじかに触れるところだから、これが一番重要ですよね。

と言っても、初心者用のブーツだと、ほぼほとんどが成形済インナーと言うもの。そのまま履けばいいというもので、まあ、履いているうちに自分の足になじんでくるので、何も心配することはありません。

が、サーモインナーっていうのもあります。上級者とか足が痛いからという我がままオヤジとかは、だいたいこのサーモインナーにしています。

というのは、自分の足形にあったようにインナーを成形するものです。ですから、通常の成形済インナーだとどうしても小指が痛いとか、くるぶしが痛いとかいうのにも対応。

それにピッタリですからブーツの中で足がずれるってこともありません。あと、暖かいですしね。指先が冷たくなるってこともほぼないかな。

ですが、これには当然オーブンで焼いて足に合わせないといけないので、そういう技術を持った専門ショップでないとできません。

あと、この成形って結構大変で、って買う人ですよ。しばらく基本姿勢のままにしおかないといけないとか、まず足型から取るから、そこで基本姿勢で10分とかで、私は毎回それでクタクタになります。それに、サーモインナーは基本的にインソールが必要ですからね。

ってことは、基本姿勢もまだよくわからない人だと、インナー成形する段階で、ちゃんとしたのが作れないから、高いお金出してもちょっと残念な結果になったりするんですよね。

ですので、最初のブーツは成形済のものをお勧めします。それである程度滑れるようになったら、ぜひサーモインナーにしてみてください。足は痛くないし、冷たくならないし、板に圧は伝わりやすいしってことで、ウッシッシですからね。

ちなみに、ソフトブーツにインソールを入れて方がいいかどうかっていうのは、もちろん入れたほうがいいという答えになります。足裏全体にきちんと力が加わりますからね。でも、そこはインソール成形をしてくれるショップじゃないと、これまた残念な結果になるので、まずはショップ選びが一番重要ってことになりますけどね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

ということで、ブーツ選び、一番こだわる部分です。ですので、まずはそれに対応してくれるお店を探す所からですかね。お店さえ見つかれば、あとは履き倒して気に入ったものにすればいいですからね。

そういう意味で専門店だと、いくら履き倒しても嫌な顔せずに、じゃあまた来週来てくださいとかいいますから。基本的にスノボオタクのアンポンタンばかりですからね。では、良いブーツを。

関連記事
スノーボードの選び方初心者の場合
アルペンボードの選び方初心者の場合
フリースタイルからアルペンへの転向での試乗は?
アルペンボードの選び方のチェックポイントは?
アルペンボードの無料体験レッスンって?
スノーボードハードブーツの選び方は?
スノーボードのゴーグルの選び方は?
アルペンボードは初心者でも乗れるのか?

スポンサードリンク

-ギア
-,