NO SLIP, NO LIFE.

滑って転んでおおいた県。ゲレンデが多いのは何県? 滑落しない人生なんて考えられない。お大事に。

ギア

スノボアルペボードの選び方フリースタイルからの転向だと試乗は?

2017/02/14

スノーボードのアルペンボードって、どうやって選べばいいのかって、ちょっと分かりませんよね。長さがなんちゃらだとか、フレックスがかんちゃらだと言われてもねえ。実際に乗ってみないとね。でも、ハードブーツ持ってないし、っていうフリースタイラーからの転向を考えている方にお伝えします。

スポンサードリンク

スノーボードのアルペンの選び方フリースタイルからの転向だと?

前回の記事で、アルペンボードを選ぶ場合は、できるだけ試乗しましょうって書きました。

が、今までフリースタイルで滑っていた人なんかは、そもそもアルペン用のハードブーツがないですよねえ。

ブーツから揃えないといけないんじゃ、まっいっかあってことで、二の足を踏む人も多いみたい。それに、ハードブーツって結構足に合わせるのが大変ですからね。その辺りはまた別の記事にしますが。

全くはじめてスノボをやるっていう人ならしょうがありませんが、フリースタイルである程度滑れるし、アルペンにも興味が出てきたしって言う人は、ぜひアルペンの板を履いてみてください。

っていうのは、アルペンの板にフリースタイルのバインディングを取り付けて、ソフトブーツで滑るっていうもの。

一昔前だと、何やってるの?って言われてたんですが、最近はボーダークロスとかで、アルペンっぽい板なんだけど、ソフトブーツっていう選手もいますよね。ですから、問題ありません。

そもそもは、スノーボード創成期にワールドカップ出場選手として、教本作りや指導のシステム作りに尽力したアルペンライダーっていうか、イントラっていうか、A級イントラA級検定員っていうか、まあそういう人が広め始めた乗り方なんですね。

フリースタイルで滑っていた人が、いきなリハードブーツに履き替えて、アルペンボードに乗ると、全然滑れない。これじゃあヤダ。やっぱりフリースタイルで滑っておこうっていうのをなんとかしたいってことで、まずは履きなれたソフトブーツでアルペンボードを体感してもらおうというものなんです。

こういうのを、フリースタイル用のソフトブーツでアルペンの板に乗るから、通称フリペンっていいます。アルペンライダーでも、シーズン始めとかは、結構フリペンで感覚を掴み直すっていう人もいます。

ですので、アルペンの板に興味があるけど、実際乗って見て合うかどうかわからないしっていう人は、取り敢えず、フリースタイル用のバインディングとソフトブーツを持って、試乗会に行ってみてください。きっとウッシッシの世界が待っていると思いますよ。


スポンサードリンク

スノーボードのアルペンの選び方フリースタイルで試乗は?

そうは言っても、アルペンの板って固いですよね。ですから、フリースタイル用のソフトブーツだと、なかなか板に力が伝わりにくいっていうこともあります。

ですので、以前書いたように、まずはアルペンデビュー用っていうか、エントリーモデルっていうフレックスやトーションの柔らかい板にしてみてください。

また、最近では、ボーダークロスやオールマウンテンと言われている、結構ウエストも広いボードが出ていますので、アルペンといえばアルペンなんですが、ソフトブーツでも問題なく乗れる板もあるので、その辺から入ってみるのもいいでしょう。

で、実際乗ってみて、これだとちょっと本気でアルペンをやってみようかなあと思ったら、ハードブーツから揃えればいいわけですしね。

結構デモとかプロでも両方履くって言う人は多いですし、フリースタイルでしっかりテクニカル系の滑りがデキる人は、アルペンに乗り換えてもすぐに滑れるので気にしなくていいと思います。

女子フリースタイルの女王と言われている中本優子さんなんかは、滑りを見たことのある方はすぐにわかると思いますが、フリースタイルなのに、かなりアルペン的なフォームですよね。

まあ、DVDとかの中でもアルペンで滑っている姿があるから、綺麗なフォームでキレキレの滑りをしている人は、どっちでも問題なく滑れるっていう証明ですけどね。

ということで、試乗会はもちろんのこと、スノーボードスクールによっては、シーズン中、身分証明書を持っていけば、いつでもアルペンボードの貸出をしてくれるとこもあるので、ぜひ乗ってみてくださいね。


関連オタンコナス記事

チリバツ共和国副大統領の戯言

とうことで、そもそもはフリースタイルからの転向者向けに行っていたフリペンですが、最近では、そうすることで、雪の状態によって板をその場でチェンジできるし、いちいちブーツを履き替えなくていいからってことで、ずっとフリペンをメインに滑っている人もいるぐらいです。ぜひお試しください。では、楽しいフリペンを。

関連記事
スノーボードの選び方初心者の場合
アルペンボードの選び方初心者の場合
アルペンボード選びのチェックポイントは?
アルペンボード初心者無料体験レッスンって?
スノーボードのソフトブーツ初心者が選ぶには?
スノーボードハードブーツの選び方は?
スノーボードのゴーグルの選び方は?
アルペンボードは初心者でも乗れるのか?

スポンサードリンク

-ギア
-,